限界突破によるステータス補正

無凸時の値が基本となりそこに倍率による補正がかかります。
補正後に発生する小数点以下の数字は四捨五入されます。
★5の場合
限界突破補正倍率限界突破補正倍率
無凸1.006凸1.45
1凸1.087凸1.53
2凸1.158凸1.60
3凸1.239凸1.68
4凸1.30完(10)凸1.75
5凸1.38
★4の場合★3の場合
限界突破補正倍率限界突破補正倍率
無凸1.00無凸1.00
1凸1.151凸1.08
2凸1.302凸1.38
3凸1.45完(3)凸1.75
4凸1.60
完(5)凸1.75

※レアリティは進化前のレアリティです。

ステータス画面表示値

ステータス画面で表示されている値(HP, ATK, INT, DEF, HIT, GRD)は「キャラクターの基礎値」「装備品の補正」「自己バフタレント」の3つを反映したものとなっている。
ここで自己バフタレントとは対象が自分のみで無条件にステータスを変更するタレントのことを言う。
例)クリフ:ATK+30%、ソフィア:INT+50%など
味方全体にかかるタレントやhit数などの条件付きで発動するものは反映されない。これらについては後述する。

表示値:([キャラクター基礎値] + [シードによる強化値] + [装備品補正値]) × ([タレント補正倍率] + [装備品補正倍率])

例)メリクルLv70(10凸)+ブラッディダスターLv20のATK値
  • ATK基礎値:1560(無凸Lv70時の値)
  • 限界突破補正:1.75
  • シード強化:無し
  • タレント:ATK+20%
  • 武器ATK値495
  • 武器ファクター:ATK+15%
(1560 × 1.75 + 495) × {1 + (0.2 + 0.15)} = 4354

戦闘中のステータス

戦闘中にステータスを補正するのは以下の3種類。

‖仂櫃複数(全体、近武器、指定ロールなど)のステータスバフタレント
⊂魴鑄佞で発動する対象が自分のみのステータスバフタレント
J篏紋章術
ぅ好董璽織絞儡

例外:ミカエルのPTメンバー死亡時にステータスがアップするタレントはの補助紋章術に分類されている。
 銑それぞれの中で同じ効果のものは効果の高いもののみが反映される。
い狼載時点でレザードとルシフェルのみ。

 銑を反映したステータス値:[ステータス画面表示値] × ([全体バフタレント] + [条件付きバフタレント] + [補助紋章術])

い肋綣阿燃謄好董璽織垢魴彁擦靴晋紂
戦闘中のステータス値(INTがATKに変換される場合)
ATK(変換後) = ATK(変換前) + INT(変換前) × 変換率
INT(変換後) = INT(変換前) - INT(変換前) × 変換率

例)ステータス画面表示値の例のメリクル(ATK4345)がクロード、エッジ、レナとPTを組み200hitを達成した場合のATK値
+50%(クロード)、+20%(エッジ)
⇒クロードのタレントのみが適用される。
+30%(メリクル)
+20%(レナ)

4353 × {1 + (0.5 + 0.3 + 0.2)} = 8706

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます